空き家整理利用規約


このご利用規約は、有限会社 大美屋(リサイクルショップお宝山) (以下、乙という)が提供する空き家整理サービスについての利用条件を定めるものです。お客様には本規約に従い本サービスをご利用頂き、お申込み時点で本規約に同意したものとみなします。

 

第1条(目的)

 本契約は、本サービス利用者(以下、甲という)が有限会社 大美屋(リサイクルショップお宝山) (以下、乙という)に対して依頼を行う本業務について、相互の認識を統一化し、本契約の成立に伴い、明確化すべき点を書面にまとめ、本業務が甲乙両者で理解を持って、円滑に進めることができるよう、事前に取り決めておくべき事項を定めることを目的とする。

 

第2条(作業)

 乙は、甲の承諾を受け、本業務を請負い、これを完了することを約束する。甲は、その対価として乙に請負代金を定められた金額、時期、方法で支払うものとする。

 

第3条(機密保持および個人情報の保護)

 甲及び乙は、本業務遂行のため、相手方より提供を受けた情報並びに、その他業務上で知り得た機密情報および個人情報を相手方の許可なく業務上使用する以外の第三者に漏洩してはならない。また、本契約の終了後においても、同様の取扱いとする。

 

第4条(権利義務譲渡の制限)

 甲及び乙は、あらかじめ相手方の承諾がない限り、本契約の権利、義務の全部又は一部を他に譲渡してはならないものとする。

 

第5条(作業期間の変更)

 乙は、作業に支障を及ぼす天災、天候などにより作業を完了することが出来ない場合は、甲に遅滞なくその理由を示し作業日の変更及び作業期間の延長を求めることができ、甲はこれを受け入れるものとする。

 

第6条(一般の損害)

 作業完了までに甲乙並びに第三者にかかわらず、建物及びその他作業一般によって生じた損害は甲の負担とするが、乙の都合により期日までに作業開始ができなかったとき、または乙が自己の都合により作業を繰り延べ、若しくは中止させたとき、その他乙の責に帰すべき事由によるときは、その限りではないものとする。

 

第7条(業務完了後の責務)

 破損などのトラブルに関する請求は、甲乙同席のもと確認する作業完了後の確認時に申し出ることとし、その後の請求はできないものとする。なお、甲の都合により同席できない場合、乙が作業完了後に送付する写真にて、甲は確認するものとする。

 

第8条(キャンセルの取扱い)

 契約後、甲の事情による作業自体のキャンセル、または作業日程を変更する場合は、作業開始予定日の2営業日前迄に連絡を行うこととする。なお、前日のキャンセルは請負代金の50%、当日または連絡なしのキャンセルは請負代金の100%をキャンセル料金として、乙に支払うものとする。

 

第9条(相続人の代表)

 甲は、相続人の立場にある場合には、本契約において相続人を代表して締結することとし、本契約締結後に他の相続人との間で発生した損害は全て甲が負担する。また、相続人間で発生した問題は全て甲が対応する。

 

第10条(反社会的勢力の排除)

第1項 乙は、甲が反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団、その他これらに準ずる者をいう。以下同じ)に該当し、又は、反社会的勢力と以下の各号の一にでも該当する関係を有することが判明した場合には、何らの催告を要せず、本契約を解除することができる。

①反社会的勢力が経営を支配していると認められるとき

②反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められるとき

③自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用したと認められるとき

④反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき

⑤その他役員等又は経営に実質的に関与している者が、反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき

第2項 乙は、甲が自ら又は第三者を利用して以下の各号の一にでも該当する行為をした場合には、何らの催告を要せず、本契約を解除することができる。

①暴力的な要求行為

   ②法的な責任を超えた不当な要求行為

   ③取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為

   ④風説を流布し、偽計又は威力を用いて乙の信用を棄損し、又は乙の業務を妨害する行為

   ⑤その他前各号に準ずる行為

 甲は、甲が第1項に該当しないことを確約し、将来も同項若しくは第2項各号に該当しないことを確約する。

第4項 乙が本条各項の規定により本契約を解除した場合には、甲に損害が生じても乙は何らこれを賠償ないし補償することは要せず、また、かかる解除により乙に損害が生じたときは、甲はその損害を賠償するものとする。

 

第11条(規定外事項)

 本契約に定めなき事項については、甲乙誠意をもって協議の上、解決を図るものとする。

 

第12条

1.当社は、本規約について、いつでもご利用者様の同意を得ることなく本規約を変更改定できるものとします。

2.本規約変更改定は、ホームページ上に告知した時点で効力を生ずるものとします。

 

平成29年7月21日 改定